UbuntuにJenkinsインスコしてGitHubと連携した時の思い出


UbuntuにJenkinsインストールした

Jenkinsのアカウント作成

Jenkinsの管理>グローバルセキュリティの設定

  1. セキュリティを有効化
  2. Jenkinsのユーザーデータベースを選択
  3. ユーザの作成
  4. ユーザーにサインアップを許可のチェックをはずす

GitHubプラグインのインストール

  1. Jenkinsの管理>プラグインの管理
  2. GitHub Pluginをインストール

GitHubと連携

てきとうにジョブ作ってビルドトリガはBuild when a change is pushed to GitHubにチェックを入れる。

GitHub側ではWebhooks & servicesからJenkins (GitHub plugin)を追加する。

あとはpushすればビルドしてくれる。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です